注目キーワード
  1. パパ活
  2. ペイターズ
  3. モテ
2022年 最新 パパ活のやり方を徹底解説

[パパ活 50代 男性]50代におすすめなパパ活アプリを紹介|選び方・使い方も徹底解説

パパ活は、年齢が高いほど女の子がアクションしてくれやすくなります。

40代がメインの年齢層ですが、50代もパパ活をしているのをよく見かけます。女の子からしても、50代のほうが収入に安定があるため、近づきやすいわけです。

そこで今回は、50代でもパパ活ができるかどうかを解説します。パパ活をしようと思っている人や、パパ活アプリを検討している人は参考にしてください。

パパ活は50代でもできる?

結論、50代でもパパ活はできます。

むしろ、40~50代がもっともパパ活に適しており、実際に遊んでいる人も少なくありません。

女の子は、パパに対してスペックを求めています。

もちろん、若パパが優遇されることに間違いはありませんが、あまりにも若いと警戒します。

20~30代の若パパもアプリに増えており、女の子もよくマッチングしているイメージです。

しかし、プロフィールに書いていたスペックと実際のスペックが違ったり、ヤリモクだったりとトラブルもあるようです。

一方で、40代以上の男性は、精神的に落ち着いていることから、女の子も安心してアクションが起こせます。

50代となると、それなりに仕事や収入も安定しているため、女の子からのアクションも多いですよ。

このようなことから、50代にパパ活はおすすめできます。

おじさんでもパパ活でモテる?実態を徹底解説!

おじさんだからといって、パパ活から離れてしまうことは非常にもったいないです。

むしろ、50代という年齢を武器にすることで、パパ活界隈で無双できます。

パパ活の実態を軽く説明すると、以下のようになっています。

【パパ活の実態】

  • おじさんのほうがモテやすい
  • スペックが高いとちやほやされる

パパ活女子は顔ももちろん求めていますが、それ以上にスペックを重視しています。

いくらイケメンでも、収入がないと支援してもらえませんからね。

そのため、パパ活界隈は50代でも十分戦える市場なわけです。

おじさんのほうがモテやすい

パパ活は、おじさんのほうがモテやすい傾向にあります。

おじさんのほうが支援してくれるため、女の子としても近づきやすいわけです。

50代となると、フケ専の女の子が近寄ってきます。

おじさんが好きな女の子のことを指し、パパ活をしていくうちにハマっていく人も多いとか。

マッチングアプリの場合は、若い人が優遇されますが、パパ活アプリは若い人よりもおじさんのほうが優遇される傾向にあります。

おじさんだからと言って、意気消沈するのではなく、パパ活アプリでは武器として使っていきましょう。

スペックが高いとちやほやされる

パパ活アプリは、スペックが重視される世界です。

そのなかで、出会いに発展するためには、スペックをアピールする必要があります。

50代となると、ある程度収入も安定している人が多いです。

少なくとも、20~30代に比べると落ち着いているため、パパ活アプリではちやほやされます。

しかし、このような情報を小出ししないことには出会いに発展しないので注意しましょう。

プロフィールで、スペックをアピールして初めて、出会いに発展します。

収入面や仕事のことをアピールしつつ、女の子の気を引くことが大切です。

50代こそパパ活をするべき理由3選

50代になってくると、若い子との接点がなくなります。

女の子がいるお店に行っても、お客と店員という関係性になるので、思うように遊べません。

そういう人こそ、パパ活をするとよいでしょう。

むしろ50代にパパ活はおすすめで、以下の理由が挙げられます。

【50代にパパ活がおすすめな理由】

  • フケ専の子が多いから
  • お小遣い感覚でパパ活ができるから
  • 若い子と遊べるから

女の子によって相場は異なりますが、安い子で1~2万円ほどで遊べます。

そのため、お小遣い感覚で若い子とデートができるのは、50代がパパ活をする最大のメリットと言えるでしょう。

フケ専の子が多いから

パパ活アプリを利用している女の子を見ると、割とフケ専の子が多い印象です。

フケ専とは、おじさんが好きな女の子のことを指します。

実際に、パパ活をしている子に話を聞いたことがありますが、最初はフケ専ではなかった子がほとんどでした。

しかし、パパ活をしていくうちに、いろいろなパパと接点が増えるようになり、次第におじさんにハマっていったという人です。

40代~50代が対象で、この辺は女の子によって異なります。

しかし、当編集部で検証した結果、40代よりも50代のほうがアポをよくとれていた印象でした。

理由は複数ありますが、スペックの高さや、精神的に落ち着いていることが関係しています。

お小遣い感覚でパパ活ができるから

パパ活の相場は、女の子によって異なります。

することにもよりますが、デートだけなら1~2万で済ませてくれる子も多いです。

しかし、単発で契約するのか定期契約をするかによって変わるので、押さえておきましょう。

まず、パパ活は単発と定期に分かれており、軽く説明すると以下のとおりです。

【パパ活の単発と定期の違い】

  • 単発:会う都度お金を渡す方法
  • 定期:毎月お金を渡して定期的に会う方法

最終的には、どちらも同じ相場になるようになっています。

多くの女の子と遊びたいなら単発がおすすめで、一人の女の子と関係を持ちたいなら定期がおすすめです。

食事だけで5,000円程度で済ませてくれる子もいるため、この辺は女の子と相談するとよいでしょう。

若い子と遊べるから

パパ活女子の平均年齢層は、10~20代です。

パパ活アプリのペイターズが公表しているデータによると、女性会員の3人中2人は18~24歳の子とのこと。

これはどのアプリも同じで、主に20代前半の人が登録しているイメージです。

また、シュガーダディの公式サイトには年齢層のグラフが公開されていました。

平均年齢層は20代前半で、若い子が登録していることがよくわかります。

このことから、パパ活アプリには若い子が多く登録しています。

デートがしたい人や、若い子と遊びたいと思っている人には、パパ活がおすすめです。

50代におすすめなパパ活アプリを紹介

50代がパパ活をする際は、アプリの使用をおすすめします。

しかし、パパ活アプリには種類があるため、登録に迷う人も多いです。

当編集部からおすすめしたいアプリは、以下のとおりです。

【50代におすすめなパパ活アプリ】

このように、複数のアプリがあります。

いずれも50代におすすめなアプリなので、それぞれ参考にしてくださいね。

ラブアン

ラブアンは、パパ活アプリのなかでも、非常に評判が高いアプリです。

公式サイトには、各種賞を獲得した履歴が公開されています。

登録している女の子は、10代~20代がほとんどです。

なかには、モデルやタレント活動をしているような女の子もいるため、レベルの高さがうかがえますね。

さらに、ラブアンでは動画によるマッチングサービスも提供しています。

女の子はプロフィール写真に動画を投稿でき、パパを募集しています。

画像だけでは、写真詐欺の可能性もあるため、このような機能があると安心です。

さらに、オンラインデート機能も用意されています。

こちらは、事前に女の子とビデオ通話ができる機能で、サクラや業者とのマッチングを防げるサービスです。

安心してアプリを利用したいなら、ラブアンに登録しましょう。

PJ

PJは、セキュリティ対策が整っているパパ活アプリです。

ネットで出会いを求める際に注意したいことが、業者やサクラによるトラブルです。

悪質なアプリのなかには、個人情報を流出させるようなものもあるので注意しましょう。

しかし、PJにはさまざまセキュリティ対策が用意されています。

これらのセキュリティ対策は、いずれもユーザーが快適に利用できるようにする、運営側の配慮です。

PJの年齢層は、20代前半がメインで学生が多く登録している印象でした。

素人の子が多く、デート目的・食事目的など、軽い目的での募集が多いです。

会う方法は非常に簡単で、マッチングしてメッセージした人と交渉するのみです。

パパ活アプリを使ったことがない人でも、安心して利用できます。

シュガーダディ

シュガーダディは、レベルが高い男性と夢がある女性のマッチングサービスです。

男性の年齢層が、公式サイトにて公開されていましたが、50代でも17%登録していることがわかります。

メインは30~40代ではあるものの、50代でも出会えるので安心しましょう。
(むしろ優遇されやすいです)

ちなみに、シュガーダディには、タレントやアイドルも登録しており、レベルは非常に高いです。

登録するとわかりますが、トップにはかわいい子や美人な子が多く出てきます。

こちらは、女の子の職業グラフです。

もっとも多いのは学生で、次いで会社員が多く登録しています。

芸能関係・モデルとして働いている子も10%登録しているため、レベルが高いことがうかがえます。

そのため、スペックを重視して女の子を選びたいと思っているなら、シュガーダディを利用しましょう。

ユニバース倶楽部

ユニバース倶楽部は、ほかのアプリとは少し異なります。

パパ活アプリというよりも、”交際クラブ”に位置し、入会に際して審査があります。

男女問わずある審査では、通過しないと入会できないので注意しましょう。

また、公式サイトにて年齢層のグラフが公開されていました。

シュガーダディの場合は、30~40代がメインの年齢層でしたが、ユニバース倶楽部は40~50代がメインです。

収入がある程度安定していて、女の子に定期的な支援ができる人ほど通過しやすい印象です。

それに、ユニバース倶楽部に登録している女の子は、おじさんとの交際を求めています。

若パパよりもおじさんのほうの需要が高いので、50代でも若い子と遊びたいなら、ユニバース倶楽部を選びましょう。

パディ67

パディ67は、若い子が非常に多いパパ活アプリです。

使い方も単純で、アプリに登録して基本情報を入力したら、直後から利用できます。

(パパ活アプリ初心者におすすめです)

女の子の年齢層は、10~20代が多く、学生が登録しているイメージです。

モデルやタレント系というよりも、素人系の学生が好きな人におすすめできます。

公式サイトには、パディ67のレビューが掲載されています。

公式ストアでの評価は、平均★4と非常に高く、信頼できるアプリだとわかります。

また、運営もユーザーが安心して利用できるように、セキュリティ対策をおこなっていることでも有名です。

アプリでの出会いは、不安が少し残りますが、運営が対策しているなら安心です。

ドロシー

ドロシーは、ハイスペックな男性と夢を追う女性のマッチングサービスです。

男性の年齢層は高く、40~50代がほとんどです。

当編集部で、実際に登録して調査したところ、以下のような女性が多い印象でした。

【ドロシーにいる女性の特徴】

  • 美人系が多い
    →キャバクラ、ラウンジ風の女の子
  • 都市部にかわいい子が集中している
  • 地方でも登録している子はいる

女の子のタイプは、かわいい系よりも美人系が多い印象です。

キャバクラやラウンジで働いているという子もいたので、本業とは別にお小遣い稼ぎとしてパパ活をしていることがわかります。

また、地方でも検索しましたが、それなりに登録していることがわかりました。

そのため、ドロシーは全国どこでも出会いが見つかるパパ活アプリです。

ペイターズ

ペイターズは、パパ活アプリのなかでは会員数が多いアプリです。

100万人以上が登録しており、男女ともにレベルが高いことが特徴です。

ちなみに、ペイターズも当編集部で登録しましたが、女性のレベルが高いので、スペック重視でアプリを選びたい人におすすめできます。

都市部にかわいい子や美人な子が集まっており、都内だとモデルやアイドル級にかわいい子が登録しています。

地方でも検索したところ、都市部ほどではありませんが、かわいい子が登録していました。

女の子を探す際は、ハッシュタグがあるのでそちらを使いましょう。

共通の趣味の女の子が見つかるため、スムーズにパパ活ができます。

パパ活はどこまでOKなの?

これからパパ活をしようと思っている人は、どこまで女の子とできるのか気になる人もいると思います。

それぞれ紹介すると、以下のとおりです。

【パパ活でできること】

  • 食事のみのデート
  • 1日デート
    (例:ショッピング、映画デートなど)
  • 旅行
  • 大人の関係

基本的には、デート1回いくらという相場になっています。

食事のみの場合は、食事代とは別にお手当として5,000~10,000円程度渡すことになります。

単発・定期のどちらで契約しているかにもよりますが、上記が平均相場です。

食事だけではなく、プレゼントや旅行などを含めると、毎月20~30万円ほどが相場になります。

また、女の子によっては大人の関係ありきの契約をする人もいます。

しかし、パパ活アプリでは推奨されていない行為で、アプリ上で交渉するとアカウントが規制されるケースも珍しくありません。

するかどうかは自由ですが、女の子とよく話し合ったうえで交渉することが大切です。

パパ活を安全に始めるためのアプリの選び方

パパ活を安全に始めたいと思っているなら、アプリ選びを徹底しましょう。

失敗したくない人は、以下の選び方がおすすめです。

【パパ活アプリの正しい選び方】

  • 口コミ・評判をチェックする
  • 年齢層とユーザー層をチェックする
  • セキュリティ対策が整っているかチェックする
  • サクラ・業者の評判がないかチェックする

これらを基準に進めると、出会いも見つかりやすくなりますよ!

トラブルに遭わないためにも、それぞれ意識しましょう。

口コミ・評判をチェックする

登録しようとしているアプリが、簡単に優良なのかどうか見分けるためには、口コミ・レビューを参考にしましょう。

公式ストアのレビューよりも、公式サイトで公開されているレビューのほうが信用性があります。

ユニバース倶楽部や、パディ67にはレビューが公開されています。

こちらは、ユニバース倶楽部のレビューです。

実際にアプリを利用して満足したという声が書かれており、満足度が高いアプリだとわかります。

さらに詳しく調べたいなら、InstagramやTwitterなどのSNSを使って調べるのも一つの方法です。

いずれも、アプリを利用した人の生の声がわかるためおすすめです。

年齢層とユーザー層をチェックする

50代でパパ活アプリを選ぶ際は、できる限り50代が多いアプリがおすすめです。

そこで、効率よく出会うためにも、年齢層とユーザー層をチェックしましょう。

年齢層に関しては、公式サイトにてユーザーグラフが公開されていることがあります。

この場合、50代が多く登録しているため、女の子からも相手にされやすいです。

また、パパ活アプリは登録だけなら無料でできます。

そのため、気になるアプリに登録して、実際に女の子を見てから本格的に利用するかどうか判断するのもよいでしょう。

アプリによって、ユーザーのレベルは違いますし、好みもあると思います。

失敗したくない人は、この方法でアプリ選びをするとよいでしょう。

セキュリティ対策が整っているかチェックする

パパ活アプリを安心して利用したいなら、セキュリティ対策もチェックしましょう。

セキュリティ対策が整っていないアプリを利用すると、トラブルになる可能性があります。

今回紹介したアプリは、いずれもセキュリティ対策が整っているので安心です。

多くのアプリでは、以下のことが用意されています。

【パパ活アプリのセキュリティ対策】

  • 24時間365日の監視システム
  • SSL化による個人情報の暗号化
  • 通報ブロックシステム

ユーザーが安心して利用できるように、監視システムはどのパパ活アプリでも用意されています。

悪質なユーザーがいれば、ブロックの対象になるため安心できます。

サクラや業者などの心配がある人は、このようなアプリを利用しましょう。

サクラ・業者の評判がないか調べる

パパ活アプリ選びで気を付けたいのが、サクラや業者の存在です。

しかし、パパ活アプリは「パパ活をすること」が目的なので、業者の割合は少ないです。

マッチングアプリや出会い系アプリのほうが多く、パパ活アプリは少数と言われています。

それでも、一部アプリでは被害が報告されているため、注意しなければなりません。

被害に遭いたくない人は、以下の選び方をするとよいです。

【サクラ・業者トラブルに遭いたくない人がするべき対策】

  • 完全審査制のアプリを利用する
  • 口コミ・レビューを調べる

これらを基準にすると、トラブルに遭いづらくなります。

ユニバース倶楽部に関しては、完全審査制なのでサクラや業者の心配はありません。

まとめ【50代はパパ活に最適!】

50代でパパ活をすることに対して抵抗がある人は、その考えを一旦なくしましょう。

パパ活アプリに登録している男性会員の多くは、40~50代です。

そのため、年齢層はドストライクなので安心しましょう。

それに、パパ活アプリに登録している女の子は、おじさん好きも多いです。

年齢を気にすることなく、支援してくれる人を求めているので、まさに50代はパパ活にピッタリです。

今回紹介したアプリはいずれもおすすめなので、気になるものがあれば登録するとよいでしょう。

NO IMAGE

スマートパパ